ガンジー牛ソフト

今回は、テレビでも紹介せれたことがある、ガンジー牛ソフトとガンジー牛乳を紹介します。
場所は、新潟の和島にある道の駅の良寛の里にあります。

ガンジー牛乳は、イギリスとフランスの間の海にあるガンジー島という島の原産の珍しい牛から搾乳した牛乳だそうです。

皆さんが知っているジャージーと同じなんですが、ジャージーがブルトン種という系統で、ガンジーがノルマン種という系統らしいです。

ガンジー牛乳は、ジャージー牛と同じで、黄色みがかっており、風味がいいようです。
乳たんぱく質・乳脂肪・乳糖などの成分が多く含まれていて、コクがあります。

私が初めて行ったときは、聞いたこともない名前だったので、どんな味なんだろう?と思いましたが、食べてみたら、とても濃厚でコクがあり、ほどよい甘さで美味しかったです。
くどい甘さではないので、とても食べやすいです。

テレビで紹介されたのもあるのか、多くの人がこのガンジー牛ソフトを食べていました。
お年寄りから子供までの幅広い年代に食べられていたので、どんな年代にも人気ですね。

すごく美味しいんですが、食べていると溶け始めますよね?溶け始めると、また少し味が変わりコクが増し、それもまた美味しいです。ソフトが乗っているコーンもサクサクしていて美味しいですし、ガンジー牛ソフトとの相性がとてもいいです。
私の子供も、1つをペロリと完食してしまいます。コーンもしっかりしているので、子供が食べるペースでも下から垂れてくることは、ありませんでした。

他にも、ガンジー牛乳というのがあるんですが、この牛乳も濃厚なのにくどくなくて美味しです。何度飲んでも飽きませんし、飽きるどころか、何回も飲みたくなります。
私の子は、少し飲ませるともっと欲しがっていました♪

少し離れたところには、ガンジーコロネソフトがあるんですが、私はまだ食べたことがありませんが、そのコロネは、米粉で出来ているので絶対に美味しいと思います。
今度は、コロネの方も食べてみようと思います。

ガンジー牛乳とガンジー牛ソフトだけだはなく、ご飯を食べることも出来るので、食後のデザートとして、ソフトなんていいかもしれません。

ソフトは、350円と少し高値ですが、どこでも食べられるものでもないですし、私はこれからも食べたいです。

牛乳は、1000mlで700円でした。

まだ食べてない人は、とても美味しいのでドライブがてらに食べに行ってみてください。